ふゆこサバイバル

20代会社員女のふゆこです。将来への漠然とした不安を解消しようとするブログ。お金の不安→転職で年収アップ達成しました!

MENU

1万円以上節約できた!ふるさと納税ほど簡単で確実な節約方法はない

f:id:fuyuko1029:20191218202533p:plain 

ふるさと納税は簡単&確実な節約方法です。

「なんだかよくわからない」
「めんどくさそう」

と思っているそこのあなた!

 

増税に文句言ってる暇があるなら
やりましょう。


私は1万円以上節約できました。


この記事では、私のふるさと納税体験談を具体的に紹介します。

 

 

 

手順は簡単 まずは返礼品を選ぼう

  1. 普通のネット通販と同じように返礼品をポチる
  2. お金を支払う
  3. 返礼品と手続き用の封筒が家に到着
  4. 封筒にマイナンバーと名前を記入してポストに投函

確定申告をしていない方向け(ワンストップ特例制度対象者向け)です。
年末調整は確定申告とは違うので、年末調整のみをしている方はこの方法で大丈夫です。

 


封筒にマイナンバーと名前を記入してポストに投函がめんどくさい!

と思う方へ。

 

マジで紙にマイナンバーを書いて、チェックを入れて投函するだけでした。

 

これだけで数千円〜1万円以上節約できるんだから
やった方がいいですよ。

小学生でもできる簡単作業です。

 

 

ふるさと納税のシステム

難しいことは他のページに書いてあります。
>>簡単!ふるさと納税の仕組み(ふるさと本舗のページへ) 

>>楽天ふるさと納税|ふるさと納税はじめてガイド 

 

ふるさと納税は寄付です。
2000円の負担額で2000円以上相当の返礼品をいただけるため、

間接的に節約になります。

 


普通のネット通販と同じように返礼品をポチる

私はとにかく節約がしたかったので、生活用品や消耗品の返礼品が欲しかった

結果的に下記の返礼品を選びました。


【ふるさと納税】令和元年産 鷹栖町産ななつぼし(10キロ)


【ふるさと納税】エリエール消臭+トイレットティシュー しっかり香るフレッシュクリアの香り コンパクトダブル 64個 1.5倍巻き 省スペース パルプ100%


【ふるさと納税】エリエールティシュー 180組×5個入×12パック 60個 パルプ100%


合計金額は43000円
このうち、41000円は来年分の税金額を支払わなくてすむため、

実質2000円の負担です。

 


上記返礼品を普通に買った場合の値段を見てみましょう。


エリエール60箱

4752円

 

エリエール消臭トイレットペーパー 8パック

4290円

 

新米 ななつぼし 10kg

4880円

 

合計13992円相当。

 

 

負担額は2000円なので、1万円以上お得でした。

 

上限金額があるので注意

私の場合は43000円の寄付にしましたが、

この金額には上限があります

 

年収や扶養状況によって異なります。

これについては、シミュレータで計算するとわかりやすいですよ。

>>【楽天市場】ふるさと納税|かんたんシミュレータ(2019年分) 

>>【ふるさと本舗】寄付可能額をしらべる(簡易版) 

f:id:fuyuko1029:20191218195547p:plain

上限を超えてしまうと、
寄付が自己負担になってしまい節約になりません。

 

うっかり買いすぎないよう、
年収は若干低めに見積もっておいた方が良さそうです。

お金を支払う


支払いについても普通のネット通販と同じで、
クレカや銀行振り込み、コンビニ振り込みが選べます。

 

私はクレカ支払いにしました。

 

返礼品と手続き用の封筒が家に到着

ポチってからしばらくすると、返礼品と手続き用の封筒が届きました!

返礼品と封筒は一緒に届く自治体と、別々に届く自治体があるようです。

 

↓返礼品と一緒に届いたファイルと、手続き用の封筒。

f:id:fuyuko1029:20191218193425j:plain

 

返礼品がどっさり

返礼品が大量に来ました!
部屋が狭くなった笑

f:id:fuyuko1029:20191218192846j:plain

↓米はすでに開けてしまったのでこんな写真ですが。

f:id:fuyuko1029:20191218192925j:plain

f:id:fuyuko1029:20191218192908j:plain

 

お米、めちゃくちゃおいしかった

いつも食べているお米よりも少しグレードの高いものなので

仕事で疲れた体にしみます…ありがたや

 

 

封筒にマイナンバーと名前を記入してポストに投函

↓封筒に入っていた説明の紙。

f:id:fuyuko1029:20191218193721j:plain

封筒に色々買いてありますが、やることはシンプル。

ワンストップ特例制度の特例申請書に記入します。

>>【楽天市場】ふるさと納税|ワンストップ特例制度について 

>>【ふるさと本舗】ワンストップ特例制度とは何でしょうか 

 

ワンストップ特例制度?
わからない単語が出てきた。難しそう。

 

そう思うかも知れませんが、
やることは簡単です。

 

  1. 封筒に入っている紙を取り出す
  2. チェックを入れてください と書いてあるところ2つにチェックを入れる
  3. 住所と氏名、マイナンバーを書く

 

これだけです。

 

※いつ制度の内容が変わるかわからないので、一応ちゃんと内容に目は通してくださいね!
読まなかったことでトラブルになっても責任は負えません。

 


返送用封筒が入っているので、
それに紙を入れて投函!


完了!

 


これで、住民税が減ります。

ふるさと納税を行った次の年の6月以降、
いつも支払っている住民税から、

ふるさと納税分だけ引かれた住民税を支払うことになります。
 
私の場合、41000円の住民税が減るはずです。

 

楽天ふるさと納税を使うメリット


色々なふるさと納税サイトがありますが、
私は
【楽天市場】ふるさと納税 でふるさと納税を行いました。
なぜならポイントがつくからです。

 

私の場合ポイントが5.5%つくので
43000円の寄付に対して2365ポイントもらえました

1ポイント1円なので2365円お得ってことです。

 

ポイント率は人によって違うのですが、
最低でも1%つくので
私の場合、仮に1%だったとしても430円分のポイントがもえらたことになります。

 

 

ふるさと納税のメリット 寄付先を選べる

ふるさと納税で返礼品を選ぶ時、
その自治体に寄付金を何に使って欲しいか、決めることができます。


私は教育関係にしました。

f:id:fuyuko1029:20191219091606p:plain

大学院での研究生活は割とひもじかったので笑。
学生たちにお金を寄付したい想いが、少しですが叶えられました。

 

自分の治めた寄付金の用途を選べたことで
なんだかいいことした気分になりました。

 

まとめ 

楽天ポイントも加味すると、14,357円の節約になりました。

項目 金額
ふるさと納税額 43,000円
住民税が減る額 41,000円
負担額 2,000円
楽天ポイント 2365円分
返礼品相当額 13,992円
節約金額 14,357円

 

みなさんもふるさと納税をうまく活用して

ムリなく節約しましょう!

 

↓おススメふるさと納税サイト

>>【楽天市場】ふるさと納税 

 

 

↓おススメ記事